武井咲、新「カフェオーレ」の美味しさの余韻に浸るうっとり顔披露!新TV-CM「脳みそが求めるの」篇公開!インタビュー&メイキング映像も

武井咲/江崎グリコ「カフェオーレ」CM




女優・武井咲(たけい えみ)さんが、江崎グリコのロングセラー商品「カフェオーレ」の新イメージキャラクターに起用され、新TV-CM「脳みそが求めるの」篇に出演。2020年3月20日(金)から全国で放映開始されます。「カフェオーレ」は、発売から実に41年目を迎えるロングセラー商品ですが、味・パッケージともに全面リニューアルし、3月16日(月)より全国で発売されます。「白黒つけないカフェオーレ♪」というおなじみのフレーズ親しまれてきた「カフェオーレは、発売から41年、ついに白黒つけました!「カフェオーレ」史上最大のリニューアル!新「カフェオーレ」の誕生です。

江崎グリコ「カフェオーレ」CM

生乳の甘みが活きている味わいにリニューアルし、パッケージもおなじみの縞模様から、シンプルでスタイリッシュなデザインへと全面刷新されました。そして!新イメージキャラクターには女優の武井咲さんを起用!武井咲さんの、おいしさの余韻に浸るうっとり顔と、幸福感に満ちあふれたビューティースマイルが美味しさを表してますね♪

▼新CMはコチラにて視聴可能♪

<CM「脳みそが求めるの」篇(15 秒)STORY>
オフィスで仕事中の武井咲。デスクには、仕事が終わったら飲もうと買っておいた「カフェオーレ」が見える。何とかパソコンの画面に集中したいところだが、どうにも我慢できず「頑張っていると、脳みそが求めるの」と、今すぐにでも「カフェオーレ」が飲みたくて仕方ない様子。コーヒーと生乳が絶妙に混ざり合う光景が浮かんできて、頭の中もすでに「カフェオーレ」のことでいっぱい。ついに我慢が限界に達した次の瞬間、ガシッと「カフェオーレ」をつかんで、勢いよく飲み始める武井咲。ここで「砂糖の甘さから、生乳の甘さへ」というナレーションをバックに、「カフェオーレ」の旧パッケージがはじけて、その中から新しい「カフェオーレ」が登場する商品カットが入る。
再びシーンはオフィスに戻り、「カフェオーレ」を堪能する武井咲。そのおいしさに酔いしれる彼女のアップに、「変わった!新カフェオーレ!」というナレーションが重なる。

江崎グリコ「カフェオーレ」CM
江崎グリコ「カフェオーレ」CM
武井咲/江崎グリコ「カフェオーレ」CM

▼CMメイキング映像は、コチラ♪

武井咲・INTERVIEW(インタビュー)

――新「カフェオーレ」のイメージキャラクターに起用された感想をお聞かせください。

「カフェオーレ」は小さい頃から本当に家族みんなで飲んでいて、まさか自分がその CM に出演できると思っていなかったので、すごくうれしかったです。家族にも真っ先に報告しました。


――撮影中、特に印象に残ったシーンは?

監督が「こういう感じでお願いします」と、実際に目の前で 100 点満点のお芝居をしてくださる独特のキャラクターだったことが印象に残っています(笑)。「もっと脳で感じてください」というリクエストとか、ちょっと難しいお芝居もありましたが、最後まで楽しく撮影することができました。


――新「カフェオーレ」を飲んだ感想をお聞かせください。

お砂糖の甘さから生乳の甘さに変わったことは、かなり大きな変化で、今まで以上においしくなっているなと思いました。最近は健康志向の方も多いと思うので、時代に沿って変化していくというのは、さすが長年たくさんの人々に愛されている飲み物だなと。私自身、そうした商品に寄り添っていけることに、とても喜びを感じていますし、ぜひ皆さんにも飲んでいただきたいですね。


――新しくなったパッケージについては、いかがですか?

大幅に変わりましたよね。以前は、馴染みのあるシマシマ柄のパッケージでしたが、すごく今っぽいデザインというか、大人っぽく変化していて、CM の設定と同じオフィスで働いている方とか、多くの方から手に取っていただけるパッケージになったのかなと思います。


▼インタビュー映像はコチラ♪

武井 咲

(Takei Emi)
1993 年、愛知県出身。女優。
2006 年「全日本国民的美少女コンテスト」で、モデル部門賞とマルチメディア賞をダブル受賞。
その後、ドラマ「GOLD」への出演で注目を集め、映画「るろうに剣心」やドラマ「黒革の手帖」
などに出演、女優として、映画、ドラマ、CM など幅広く活躍。
映画『るろうに剣心 最終章 The Final』が、2020 年7月 3 日公開予定。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です