“世界一おもしろいお菓子屋さん”を目指すアートキャンディショップ「PAPABUBBLE(パパブブレ)青山店」リポート♡<REPORTER: 須藤有紀(すとう ゆき)>

リポーターの須藤有紀(すとう ゆき) /2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部




▼今回のリポート映像はコチラ♪

“世界一おもしろいお菓子屋さん”を目指すバルセロナ発祥のアートキャンディ。今回は「PAPABUBBLE(パパブブレ)青山店」様を取材しました。見ても、食べても、飾っても楽しい「アートキャンディ」の魅力に迫ります。

「PAPABUBBLE」は2003年に、スペイン・バルセロナで誕生し、現在世界30都市で展開されており、国内では1号店である中野から始まり16店舗で販売されています。

リポーターの須藤有紀(すとう ゆき) /2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

リポーターの須藤有紀(すとう ゆき) /2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

PAPABUBBLEのアートキャンディと他のお菓子との違いは「食べる」だけでは終わらないということです。
ここには3つの魅力が隠されています。まず「見て楽しい」。店内を見てもカラフルで可愛らしいキャンディがたくさんあり、どこを切り取っても子どもから大人までが思わず笑顔になってしまいます。
次に「飾って楽しい」。シーズン毎に新しいキャンディが発売されるので一つのインテリアやアートとして飾っても楽しめます。ハロウィンには、パンプキンやお化けのキャンディ。クリスマスには、スノーマンなどの『クリスマスロリポップ』から『七面鳥マシュマロ』、クリスマスツリーの『オーナメントキャンディ』まで販売されています。
最後に「シェアして楽しい」。小包装になっている金太郎飴は、それぞれテーマになっています。「お誕生日」や「お祝い」などギフトとしてキャンディをシェアできるのも一つの魅力だと思います。

リポーターの須藤有紀(すとう ゆき) /2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

リポーターの須藤有紀(すとう ゆき) /2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

今回は、PAPABUBBLE 青山店店長の米澤秀樹さんにお話をお伺いしました。

PAPABUBBLE青山店・米澤秀樹店長と リポーターの須藤有紀(すとう ゆき) /2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

PAPABUBBLE青山店・米澤秀樹店長と リポーターの須藤有紀(すとう ゆき) /2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

Q. 飴作りはどのように行なっていますか?

職人さんが一つひとつ丁寧に手作りしていて、形や味にこだわりを持って作っています。


Q. 手作りするキャンディにどのような想いを込めて作っていますか?

「世界一おもしろいアートキャンディ」をテーマにしているので、多くの人を楽しませるために、ただ飴を作るだけでなく形や味をリアルに寄せることによって、お客様が食べたときの感動や、見たときの感動を楽しんでいただけるように作っています。

2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

Q. シーズンごとに販売される商品の工夫はありますか?

毎シーズン必ずテーマを決めていて、今年のクリスマスのテーマは『お家』。コロナウイルスの影響でなかなか外出することができないので、お家で楽しむことができるものを心がけています。例えばクリスマスツリーに飾る『オーナメントキャンディ』やお子さまも飲める『ノンアルコールカクテル』などを販売しています。


Q. フードロス、レジ袋ゼロに関連する『ECOスタイルキャンディ』について教えていただけますか?

緊急事態宣言により、キャンディがたくさん余ってしまいました。そのため医療従事者の方へ無償で提供させていただいています。また、MUZOSA様と共に「フードロス」を無くそうという思いから、ECOバッグと一緒に季節が過ぎてしまったけれど美味しく食べられるキャンディを購入していただき、プチギフトとして楽しみにつなげています。

2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

Q. この取り組みを行ってみて、お客様からどんな反応がありましたか?

お客様も喜んでご協力してくださいました。お客様のお声から弊社としてもこの取り組みをやって良かったと思っております。


Q. 飴作りのパフォーマンスで意識していることはありますか?

おもしろいということで、お客様が入店された時に飴作りを見ていただいて、実際にそこで作っている職人さんもお客様と会話することによって、手作りへの興味や楽しさを感じていただいています。また出来立てのキャンディを試食でお出しすることで飴の美味しさやこだわりを伝えていけるように工夫しています。


Q. クリスマスシーズンの商品の中でイチオシはなんですか?

どれも人気ですが、棒に刺したキャンディの『クリスマスロリポップ』です。中でも『光るクリスマスロリポップ』はお子さまから絶大な人気があります。キャンディの下にスイッチがありまして、押していただくと光ります。お子さまが光るのを見ながら笑顔で飴を舐める姿がとても印象強く残っています。

2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

Q. 最後にどのような方に来てほしいですか?

来店して笑顔になってくださる方がとても多いので、コロナウイルスなど日々大変だと思いますが一歩足を踏み入れてくださったら、絶対に笑顔でお帰りいただけるようにします!是非色々な方に来てくださったら嬉しいです!

リポーターの須藤有紀(すとう ゆき) /2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

リポーターの須藤有紀(すとう ゆき) /2020年12月19日、PAPABUBBLE青山店にて。撮影:ACTRESS編集部

直接店長さんにお話をお伺いしてみて、PAPABUBBLEさんのアートキャンディへの熱い思いとお客様一人ひとりを楽しんでいただくための工夫についてたくさんお聞きすることができました。

PAPABUBBLEさんは米澤店長をはじめ、接客の方も職人さんも皆さんとても素敵な笑顔だったのがとても印象的で居心地の良い空間でした。

クリスマスまで残りわずか!皆さんもクリスマスギフトやお家でクリスマスパーティーをより楽しむためにPAPABUBBLEさんに足を運んでみてはいかがですか?

◎ACTRESS編集部
<REPORTER(リポーター): 須藤有紀(すとう ゆき) 令和リポーターズ一期生>




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です