菜々緒、輝ける女性を賞賛する「BVLGARI AVRORA AWARDS 2020」受賞!<コメント掲載>

左から:弁護士・G7ジェンダー平等委員会委員の林陽子、女優・モデルの菜々緒、映画監督 河瀨直美、ブルガリジャパン代表取締役社長ウォルター・ボロニーノ/「BVLGARI AVRORA AWARDS 2020 / ブルガリ アウローラ アワード 2020」発表記者会見(2020年3月6日)




女優やモデルとして活躍中の菜々緒(ななお)が本日2020年3月6日、第5回「BVLGARI AVRORA AWARDS 2020ブルガリ アウローラ アワード 2020)」の発表記者会見に出席した。本アワードは、ブルガリ ジャパンが国際女性デーに先駆けて開催したもので、輝ける女性を賞賛するもので、菜々緒は見事、受賞した。

左から:弁護士・G7ジェンダー平等委員会委員の林陽子、女優・モデルの菜々緒、映画監督 河瀨直美、ブルガリジャパン代表取締役社長ウォルター・ボロニーノ/「BVLGARI AVRORA AWARDS 2020 / ブルガリ アウローラ アワード 2020」発表記者会見(2020年3月6日)

左から:弁護士・G7ジェンダー平等委員会委員の林陽子、女優・モデルの菜々緒、映画監督 河瀨直美、ブルガリジャパン代表取締役社長ウォルター・ボロニーノ/「BVLGARI AVRORA AWARDS 2020 / ブルガリ アウローラ アワード 2020」発表記者会見(2020年3月6日)

イタリアではこの日、「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)」とされ、男性が日頃の感謝を込めて、母親やパートナー、 会社の同僚の女性たちにミモザを贈る日として広く知られていることから、「ミモザの日」とも呼ばれている。愛と幸福を呼ぶと言われるミモザを贈られた女性たちは、そのミモザを誇らしげに胸や髪に飾る。ブルガリは、そのような文化が豊かに根付くイタリア・ローマ誕生のハイジュエラーとして、国際女性デーに先駆け、「ブルガリ アウローラ アワード」の発表記者会見を開催した。

本記者会見において、2020年度 アウローラ アワードの推薦者のひとりである菜々緒と東村アキコ(漫画家)の受賞が発表された。本記者会見には菜々緒のほか、2018年度アウローラ アワードの推薦者である林陽子(弁護士・G7ジェンダー平等委員会委員)並びに2017年度の受賞者である河瀨直美(映画監督)も登壇し、前向きな影響力を与えるインスパイアリングウーマンについてトークディスカッションを行った。

今年の推薦者である女優・モデルの菜々緒は、女性の輝く社会などのトークを通して推薦者としてのアウローラ アワードへの想いを次のように語った。

菜々緒:「芸能界は比較的女性が働きやすい環境だと思いますが、まだまだ活躍できる場面は少ないと思います。しかし、撮影現場で女性が徐々に増えているのが、最近目に見えて実感できており、女性はやはり強く、根性があるなと思いました。このように、女性がもっと活躍する場が増えてほしいです。この度推薦者として参加するブルガリ アウローラ アワードは受賞された方だけではなく、受賞者を見た女性も元気や勇気、希望をもらうことができ、良いものがどんどん連鎖していく、そのような素晴らしい賞だと思います。今回は推薦者としてですが、女性や男性関係なくジェンダーレスな社会になってきているので、どんな人でも活躍できる世界になることを切に願っています」


◎ブルガリ ジャパン株式会社




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です