滝沢カレンが綴る人類未体験のレシピ文学!「カレンの台所」発売決定!

滝沢カレンが綴る人類未体験のレシピ文学!「カレンの台所」




モデルとして活躍中の滝沢カレンの料理本『カレンの台所 [単行本(ソフトカバー)]』が2020年4月7日(火)にサンクチュアリ・パブリッシングより発売となる。モデルやタレントとしての活躍が目立つ滝沢カレンだが、プロのシェフまでもが 「滝沢カレンの唐揚げレシピと比べると何て自分は文章のセンスがないのだろうと落ち込む」 と絶賛するほど、 彼女のレシピには注目が集まっている。その人気の理由は、 作り方や分量に関する独特な表現にある。

「お醤油を全員に気付かれるくらいの量」
「二の腕気にして触ってるくらいの力で鶏肉をさらに最終刺激」
「無邪気にこんちくしょう 」
「きゃぴきゃぴ何も言わなくなったら出してくれの合図」
「満タンの鶏肉を一気にパサパサ雪世界に」
「お砂糖を笑わない量ギリギリ入れる」

このように、 レシピとは思えぬ詩的な文章は、 時に食材目線にまで及ぶ。料理の専門用語や調味料の分量は一切出てこない。1つのメニューができあがるまでの工程がまるで物語のように綴られており、 実際に作らなくても読むだけでも面白い内容になっている。

滝沢カレンが綴る人類未体験のレシピ文学!「カレンの台所」

そして、彼女がInstagramに公開するレシピには、 通常のレシピでは考えられないような感想が多く寄せられている。

実際に起こったこととしては『中華丼を作った』ってことだけなのに、 カレンちゃんの手にかかれば 良い小説読んだくらいの満足感 のある投稿になるの凄い。

滝沢カレンの料理レシピ、 文章が天才的すぎ て嫉妬する…

滝沢カレンのレシピ文 もっと読みたくて気になる

言葉のセンスが最高すぎる。 全てに命があるように。 絵本の中の話のように。 見ててワクワクする!!


(SNSに寄せられたコメントから一部抜粋)

イラストで作り方の補足説明もしているので、 レシピ本として実用的に使うことも可能。 実際にカレンさんのレシピで料理を作った人からは

「分量が書いていないのになぜかわかりやすい」
「文章が印象的なので、 一度作ったら忘れない」
などの声が寄せられている。

<中身サンプル>
滝沢カレンが綴る人類未体験のレシピ文学!「カレンの台所」
滝沢カレンが綴る人類未体験のレシピ文学!「カレンの台所」

■掲載レシピ(全30品予定)
鶏の唐揚げ/ハンバーグ/サバの味噌煮/グリーンカレー/トンカツ/中華丼 ドレスオムライス 豚の生姜焼き/ピーマン肉詰め/ロールキャベツ 春巻き など

滝沢カレン・PROFILE(プロフィール)

・生年月日:1992年5月13日
・出身地:東京都
・趣味:海外旅行、料理
・特技:ヒューマンビートボックス

◎株式会社サンクチュアリ・パブリッシング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です