【GUCCI(グッチ) 】渋谷 ミヤシタパーク オープン!横尾忠則と大友昇平が特別なアートワークを制作

グッチ 渋谷 ミヤシタパーク




7月28日(火)、渋谷・宮下公園に新たにオープンした商業施設「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)」のノースエリアに、「グッチ 渋谷 ミヤシタパーク」がオープンしました。2フロアで展開する新しいショップでは、売場面積約510平方メートルのスペースで、メンズおよびウィメンズのウェアから、ハンドバッグ、ラゲージ、スモールレザーグッズ、シューズ、ジュエリー、ウォッチ、シルク製品、ベルト、アイウェア、フレグランスまで、幅広いカテゴリーを取り揃えます。限定アイテムも多数登場します。〔Gucci Off The Grid〕のバックパックやメンズスニーカー、〔グッチ ホースビット 1955〕や〔GGマーモント〕ハンドバッグの特別なセレクションをはじめ多岐にわたるカテゴリーの限定アイテムが、国内ではグッチ 渋谷 ミヤシタパークだけでエクスクルーシブにラインナップされます。

大きなガラスのファサードはショップ内外から視界をさえぎらないように設計されており、一歩中に入ると、インテリアの素材や質感の思いがけない組み合わせが驚きを誘い、控えめながらもドラマティックな変化を生み出します。美しい素材を取り入れながらスペースを贅沢に使うことにより、グッチならではのコンテンポラリーラグジュアリーを提案します。コレクションの特徴であるエレガントでコンテンポラリーな折衷主義と共鳴するように、伝統とモダン、インダストリアルとロマンティックなエレメントが融合しています。

コントラストをなす製品のプレゼンテーションは、多様なデザインコードを表現し、それぞれが相まって好奇心を喚起するとともに、お客さまがショップの新しい側面を次々と発見しているかのように誘います。ジオメトリックにペイントされたオークやヘリンボーン貼りのフローリングを用いることにより装飾的な三次元効果がもたらされ、光沢のあるスティールのベースボードと調和のとれた一体感を生み出しています。このような対照的な素材を並置することにより生まれる独創的な融合は、ショップ内の至るところで見られます。テクニカルなディスプレイユニットと、空間を飾るプレシャスなファブリックの柔らかさとのコントラスト。スティールブルー、セージグリーン、そしてペールピンクのベルベットウォールには、リベットやジオメトリックパターンがあしらわれています。さらに、ショップの随所にラグジュアリーな椅子とラウンドテーブルが配置され、ヴィンテージのオリエンタルラグが敷かれています。その結果、魅惑と驚きに満ち、グッチのパーソナルなフィーリングに溢れたスペースが生まれました。

グッチ 渋谷 ミヤシタパーク
グッチ 渋谷 ミヤシタパーク
グッチ 渋谷 ミヤシタパーク
グッチ 渋谷 ミヤシタパーク

そして、カルチャーメディアTOKIONとのパートナーシップにより、日本を代表する2人のアーティスト、横尾忠則と大友昇平がグッチのために特別なアートワークを制作しました。彼らの鋭い洞察に基づく表現とブランドのキーとなるビジュアルコードを融合させた作品から、2人のアーティストの創造性を垣間見ることができます。

1960 年以来、独自の色彩感覚と複雑な構図の作品で世界を驚かせ、今なおクリエイターに多大な影響を与え続ける奇才・横尾忠則は、「HANGA JUNGLE」展のモチーフと「廣家/Kohke」の2作品に、グッチのアイコニックなGGパターンをコラージュした作品を作り上げました。一方、ボールペンを使って作品にメッセージと魂を込め、直感に訴えかけるアートを描き出す大友昇平は、今回描き下ろしたアートワークでもその緻密で圧倒的な描写力を発揮し、グッチのキーエレメントを取り入れながら、どことなく日本らしさも感じさせる作品に仕上げています。

これらの作品は渋谷駅構内で8月2日まで掲出され、横尾氏の作品は期間限定でグッチ 渋谷 ミヤシタパークのウィンドウを飾ります。

グッチ 渋谷 ミヤシタパーク

グッチ 渋谷 ミヤシタパーク・概要

<ショップ名称>
グッチ 渋谷 ミヤシタパーク
<所 在 地(住所)>
東京都渋谷区神宮前6丁目20番10号 MIYASHITA PARK North 1-2F

<MAP(地図)>

<営 業 時 間>
11:00〜21:00

◎オープン日 : 2020年7月28日(火)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です