MACO、新曲「タイムリミット」のキュートで不思議なMV公開!

MACO、新曲「タイムリミット」MV


MACO「タイムリミット」Music Video

シンガー・ソングライター・MACO(まこ)のSONYMUSIC移籍第1弾となる新曲「タイムリミット」のMV(ミュージックビデオ)が公開となりました。先週のリリースのタイミングから、 まだティザーしか公開されていなかった新曲「タイムリミット」の全貌が明らかになり、「愛」「恋」「夢」と歌詞にリンクするカードを悩みながら選ぶMACOと楽曲を歌いながら背中を押すMACOのふたりが登場する面白い映像や、 壁紙と一体化した不思議なシーン、 複数のMACOが歌詞世界を表現するなどギミックに溢れた目の離せない作品に仕上がっています。

MVを手がけた監督は、 ちゃんみな「Doctor」等も手掛ける辻本祐希監督。MACOとの初タッグの作品となっており、 MACOのキュートさと、 楽曲の世界観がおしゃれかつポップに表現していますね♪

新MV公開にあたり、MACO本人から下記メッセージが寄せられています。

タイムリミットの歌詞にそのまま関連付けた演出ではなく、
ギミックの効かせたシーンであったり、
目を凝らして見ると様々な発見に気付いていく、
面白くも素晴らしいミュージックビデオになりました。撮影は真夏日、 炎天下の中長袖がとても暑く、
スタッフさん達が保冷剤を背中に忍ばせてくれたり、
休憩中は一緒に遊んでくれたり(笑)
周りのスタッフの皆さんに支えられながら、 とても楽しい撮影となりました。見ている人が最後まで目の離せない、
ミュージックビデオになっていると思うので、 ぜひ見て頂きたいです。

MACO


今までラブソング一筋に歌い続けてきたMACOですが、 今回は初めて女性に向けたラブソングとして新曲「タイムリミット」を書き下ろしましたが、同じ時代を悩みながら生きるに同志に、 プレッシャーに負けないで自分らしく自由に生きてほしいという想いを込めたメッセージソング♪

さらなる活動の場を広げるべくSONYMUSICへの移籍を発表し、 新曲「タイムリミット」のリリースで新たな世界観を体現していくMACO。 これからさらなる飛躍を感じさせるMACOの第二章の活動に期待が高まりますね。

「タイムリミット」
作詞:MACO、山本加津彦 作曲:山本加津彦 

MACO・PROFILE(プロフィール)

MACO

1991年5月10日生まれ、北海道函館市出身のシンガーソングライター。
2014 年にUNIVERSAL MUSIC JAPAN Virgin Musicよりデビュー。
メジャーデビューのきっかけとなったテイラー・スウィフト「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない~ We Are Never Ever Getting Back Together」の” テイラー公認”日本語カバーを筆頭に注目を集め、第29 回日本ゴールドディスク大賞の新人部門を受賞。
自身の代表曲となる『LOVE』が収録された1st アルバム『FIRST KISS』がヒットし、レコチョクで総合1 位&オリコン週間ランキングTOP5を記録。
SNS を中心に話題を集め、YouTube の総再生回数は日本人アーティスト最速で1 億回を超え、YouTubeのキャンペーンにも抜擢。
2018年にはデビュー5周年を迎え、初のベストアルバム『BEST LOVE MACO』をリリース。台湾・上海のアジア公演と全国6都市のホールツアーも完走。
2019年、SONYMUSICへの移籍を発表。第二章のMACOがはじまる!

◎株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です