黒木華、可愛らしい関西弁披露!ほろよい新CM「グレープもあの味だ」篇 公開!

黒木華(女優、モデル)/ほろよい新CM「グレープもあの味だ」篇




女優・黒木華(くろき はる)さんが佐藤二朗さんと共に出演するサントリーチューハイ「ほろよい」の新TV-CM、ほろよい「グレープもあの味だ」篇が、本日4月20日(月)より全国でオンエア開始されました。ほろよい好きが集まる「ほろよい部」の部長である佐藤二朗さんは、「ほろよい<グレープ>」を片手に、『“ぶどう”ではなく“グレープ”だと思って飲んで』と真剣な表情で黒木華さんに語りかけます。頭の中で『グレープ、グレープ…』と唱えながら一口飲んだ黒木華さんは、ハッとした表情で『あの味や!』と一言。その言葉を聞き佐藤さんは、『「ほろよい」はどれも大人になっても好きなあの味なのよ!』と興奮気味に黒木さんに熱弁します。軽快なお二人のやり取りから、「ほろよい」が持つ様々なフレーバーへの興味を引くCMに仕上がっています。前作に引き続き、黒木さんから飛び出すかわいらしい関西弁やキュートな表情、佐藤さんの個性豊かな動きと表情も見どころ。

黒木華(女優、モデル)/ほろよい新CM「グレープもあの味だ」篇
黒木華(女優、モデル)/ほろよい新CM「グレープもあの味だ」篇
黒木華(女優、モデル)/ほろよい新CM「グレープもあの味だ」篇

黒木華(女優、モデル)/ほろよい新CM「グレープもあの味だ」篇

CM STORY(ストーリー)

「ほろよい部」に所属する黒木さんと佐藤さんは、活動の場であるカフェバーに集まっています。
部長の佐藤さんは「ほろよい<グレープ>」を片手に、『“ぶどう”ではなく、“グレープ”だ!と思って飲んでみて』と黒木さんに語りかけます。頭の中で『グレープ、グレープ…』を唱えながら一口飲んだ黒木さんは、ハッとした表情で『あの味や!』と一言。その言葉を聞いた佐藤さんは、興奮気味に『「ほろよい」はどれも大人になっても好きなあの味なのよ!』と熱弁します。そして、バーカウンターに並べられた各フレーバーのほろよい缶を見せ、『全部確かめるのだ!』と部長指示を出す佐藤さん。その言葉を受けて、黒木さんはスーパーマーケットで「ほろよい」の買い物を楽しみます。

▼新CMはコチラ♪

メイキングエピソード

今回で二度目の共演となる黒木華さんと佐藤二朗さん。撮影が始まると早速、佐藤さんは個性的な動きと表情で“佐藤節”を披露し、現場は笑いに包まれました。興奮気味に黒木さんに熱弁を振るうシーンでは、佐藤さんの絶妙な表情に監督からも「素晴らしい!」と声が。
また、二度目の共演ということもあり、黒木さんも終始リラックスした表情で、撮影は順調に進みました。同日に行ったWEB動画用の撮影では、佐藤さんのアドリブが炸裂。思わず監督がカットの声をかけ忘れてしまうほど、見どころ満載の動画に仕上がりました。

黒木華&佐藤二朗・INTERVIEW(インタビュー)

Q:ほろよいCM第2弾の率直な感想を教えてください。

佐藤さん :正直に申し上げますと、とにかく黒木華と一緒にいる時間が本当に僕にとっては楽しい。できれば撮影を終えたくないと(思っている)。晩酌大好き人間で、撮影の終わり頃には晩酌が気になるという僕が、こんなことを言うのは珍しいです。黒木華と別れがたい。それが僕の感想ですね。
黒木さん :私も前回よりも打ち解けられたかなと思っています。
佐藤さん :全くその通りです。

Q:「大人になっても好きなあの味」はありますか。

黒木さん :私は餃子ですね。餃子は子供のころからすごく好きで、黒木家でいつも作っている餃子がありまして、母が種を作って、父と私と弟が(皮に)包んで、母が焼くというのが恒例行事です。
佐藤さん :なんていう素敵なエピソードそれ。みんなで共同作業だ。
黒木さん :そうです。その時の味も思い出ですし、やっていることも、家族が集まるって感じですごい好きです。
佐藤さん :ほろよいにふさわしい甘酸っぱい思い出も含め、いいエピソードでした。
黒木さん :やりました!

Q:最後に視聴者の方にメッセージをお願いします。

黒木さん :思い出の味というのが皆さんにそれぞれあると思うので、あれ飲んだな、などと思い出しながら皆さんそれぞれの“あの味”を楽しんでいただけたらなと思います。
佐藤さん :黒木あれちゃうの?
黒木さん :なんですの?
佐藤さん :昔の音楽聴いてるとさ、その時の思い出が蘇るとかさ、あるやん、そういうこと。初恋してたな、とかさ。そういうことを皆さんに思い出して欲しいというね。皆さんには本当に全ほろよいを制覇して、それぞれの懐かしい思い出に浸って欲しいと、そんな風に思っております。

▼CMメイキング映像&インタビュー映像は、コチラにて♪

黒木華・PROFILE(プロフィール)

1990年3月14日生まれ 大阪府出身
2010年、NODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」のヒロインオーディションに合格し、デビュー。2014年公開の映画「小さいおうち」で、第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を日本人最年少で受賞。2016年には「リップヴァンウィンクルの花嫁」にて単独主演を果たし、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。
その他代表作として、ドラマTBS「重版出来!」主演(2016)、NHK「西郷どん」(2018)、NTV「獣になれない私たち」(2018)、TBS「凪のお暇」主演(2019)、NHK「みをつくし料理帖スペシャル」主演(2019)、映画「未来のミライ」 (2018)、「散り椿」(2018)、「日日是好日」主演(2018)、 「億男」(2018)、「ビブリア古書堂の事件手帖」W主演(2018)、「来る」(2018)、舞台「書く女」主演(2016)、「お勢登場」主演(2017)、「ワーニャ伯父さん」(2017)、「ハムレット」(2019)など。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です